当院の理念

最高の師匠との、出会い。

『眼形成』と呼ばれる領域があります。眼瞼(まぶた)や眼窩(眼球の裏)など、眼球のまわりを専門的に手術する特殊な分野のことです。私はこれまで水晶体(白内障)、硝子体などを中心とした眼の中の手術を行う眼科医でした。ところが数年前、国内最高峰の眼形成外科医である鹿嶋友敬先生と出会い、『痛みや恐怖をできるだけ少なくする工夫』、『目立たない部位で切開する世界最先端の手術』、『全国でも有数の手術数から得られる美容を意識した治療』という理念に心を打たれた私は、さっそく氏のクリニックの門を叩き、『弟子入り』をさせて頂く機会を得たのです。

鹿嶋医師は東京都のオキュロフェイシャルクリニック東京(銀座)および、群馬県の新前橋かしま眼科形成外科クリニック(新前橋)の2医院を展開しており、弟子となった私は非常勤医となり2つのクリニックへ勤務し、精力的に氏の手術を学んで参りました。2院の眼形成手術件数は2019年1月1日~2019年12月31日の1年間で合計3850件です。

Jouissez de la vie !
(良き人生を)

このたび、泉中央の地に『仙台まぶたと眼のクリニック』を開院させて頂くこととなりました。現在でも水曜日に勤務を継続しております、氏のクリニックで学んだ世界最先端のまぶた手術に加え、東北公済病院やJCHO仙台病院勤務で培ってきました白内障手術を皆様に提供したいと思っております。重く垂れさがったまぶたを挙げ、濁った白内障によるくもりを取り除き、明るく元気な生活をお届けしたい思いです。皆様のご来院を心よりお待ち申し上げております。