眼科一般

眼瞼痙攣

眼瞼けいれんは、両側の瞼を閉じる筋肉(眼輪筋)が、持続的に収縮し、それが間をおいて繰り返す病気です。発症は、下まぶたのピクピク感から始まり、次第に上まぶたに進行し、重症な方では自力では目を開けることができなくなり、眼球に異常はないのに瞼が常に閉じている状態になります。進行はゆっくりですが、自然に治ることは稀です。
 原因は、大脳基底核にある運動抑制システムの機能障害と考えられています(本態性眼瞼けいれん)。その他に、パーキンソン病などにみられる症候性眼瞼けいれん、向精神薬や抗不安薬による薬物性眼瞼けいれんがあります。
 40歳~70歳代の中高齢者に多くみられ、男女比は1:2~3と女性に多いと言われています。初期症状として、瞼の不快感・まぶしさ(羞明)・まばたきが多い(瞬目過多)などがあります。精神緊張の影響を受けることも多く、緊張で症状が悪化することもある一方、普段の生活では重症で目を開けられないのに、診察室では無症状ということもあります。 症状は、通常両眼に起こりますが、軽い左右差があることも多いです。

最も用いられる対症治療(病気自体を治すことはできないですが、症状を改善する治療)は、眼周囲の皮膚にボツリヌス毒素Aを製剤にしたものを少量注射して、目をつぶる力を弱める方法です。効果は2~4か月持続します。ほかには、クラッチ眼鏡、眼瞼の手術(いろいろな方法があります)、薬物療法がありますが、いずれも補助的な治療です。

緑内障

緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明に至ることもあります。

緑内障の症状

少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。しかし、その進行は非常にゆっくりで、両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。
緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。症状がない場合でも、当院を受診された方には定期的に検診を行いチェックします。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、かゆみ・充血などの症状を起こす病気です。

治療の基本は点眼薬です。治療には、抗アレルギー点眼薬(抗ヒスタミン薬、ケミカルメディエータ遊離抑制薬)が、主に使われます。重症の場合には、ステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬などを使用する場合があります。

アレルギー性結膜炎のなかでも、症状の出やすい時期が予測できる花粉などが原因のアレルギー症状の場合には、『初期療法』が推奨されます。症状が出る前の、花粉飛散時期の約2週間前から抗アレルギー点眼薬による治療を始める方法で、花粉飛散ピーク時の症状が軽くなります。毎年花粉症がひどい方は、症状があらわれる前に眼科を受診するようにしましょう。

飛蚊症ひぶんしょう

飛蚊症とは、モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。一般的には眼球の加齢現象であり心配はありませんが、まれに網膜剥離の前兆である場合もあります。急に数が増えるなど悪化した場合は早めに眼科を受診しましょう。

糖尿病網膜症

ながく糖尿病に罹患していると目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。網膜とは、目の中に入ってきた光を刺激として受け取り、脳への視神経に伝達する組織で、カメラでいうとフィルムのはたらきをしています。
糖尿病網膜症は、定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることができますが、放置していると失明に至るおそろしいものです。糖尿病と診断されたら、症状がなくても定期的に眼科へ通院しましょう。

ドライアイ

ドライアイは、涙の量が不足したり、涙の質が劣化したりすることによって眼球が乾燥する病気です。高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイ患者さんも増えており、その数は2,200万人ともいわれています。

ドライアイの主な症状
ドライアイチェックシート

気になる方は「たかが疲れ目だろう…」と自己判断せずに、一度眼科の診察を受けるようにしましょう。